差押禁止債権を受働債権とする相殺の禁止

民法510条(差押禁止債権を受働債権とする相殺の禁止)

第510条 債権が差押えを禁じたものであるときは、その債務者は、相殺をもって債権者に対抗することができない。

【解説】

本条は、差押を禁止された債権を受働債権とする相殺を禁止しています。

この差押禁止債権というのは、具体例としては、扶養請求権や恩給債権、賃金債権などです。

これらの債権は、現実に債務が履行されることが要求される債権です。

簡単に言えば、現金が債権者の手元に渡ることが必要な債権です。

これらは、債権者の生活の糧となるような債権です。

これを、現金が債権者の手元に渡る前に、相殺という形で消滅させるのは妥当ではないということです。