下記の問題及び解説は、必ずしも現時点における法改正及びデータを反映したものではない場合があります。

マンション管理士 過去問解説 平成23年 問43

【問 43】 マンションの飲料用の給水設備に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

1 給水立て主管から各住戸へ配水する分岐管には、他の給水系統へ影響を与えることなく専有部分の給水管の更新工事ができるように止水弁を設ける。

2 受水槽の点検用マンホールは、有効内径50cm以上の大きさとする。

3 20階以上のマンションの給水系統において給水圧力が高い場合には、中間水槽や減圧弁を用いてゾーニングを行い、給水圧力を調整する。

4 受水槽の点検用マンホール面は、受水槽上面より10 cm以上立ち上げる。

【解答及び解説】

【問 43】 正解 2

1 適切。給水立て主管からの各階への分岐管等主要な分岐管には、分岐点に近接した部分で、かつ、操作を容易に行うことができる部分に止水弁を設ける必要がある。
*建設省告示第1597号

2 不適切。給水タンク及び貯水タンクは、内部の保守点検を容易かつ安全に行うことができる位置に、直径「60cm」以上の円が内接することができるマンホールを設ける必要がある。
*建設省告示第1597号

3 適切。20階以上のマンションでは、下層階にいくほど給水圧力が高くなるので、中間水槽や減圧弁を用いてゾーニングを行い、給水圧力を調整する必要がある。

4 適切。受水槽の点検用マンホール面は、受水槽上面より10 cm以上立ち上げる必要がある。